CSR

サスティナブルな社会のために。
ビーバイ・イーでは、環境保護や社会貢献活動を
推進しています。

地域・社会

「Ocean’s Love」への協賛

自然を通じて、障がいを持つ子どもたちと地域社会がより理解を深められる交流の場を創造している活動に感銘を受け、2012 年度からNPO法人「Ocean’s Love」にママバターとして協賛しています。

シアバターでアフリカを支援

ママバターの原料となるシアバターの生産を依頼し、フェアトレード関係を結ぶことは、現地アフリカの女性たちに持続可能な仕事を生み出しています。その仕事は、子供たちの教育や、暮らしを豊かにする社会発展につながっています。さらに、労働環境をよりよくするため、水やエネルギーが安定供給される製造場をつくり、手作業の工程の一部に機械を導入することにより、重労働を軽減するサポートも行っています。

日本の農業支援

ビーバイ・イーでは、地産地消やトレーサビリティを大切に考え、国産植物原料を積極的に使用しています。生産者の顔が見える素材は、使う方へ安心感を与えるだけでなく、農産物に新たな価値を与え、日本の農業を活性化することにつながります。搾絞後の果物果皮を使用したリンレン、耕作放棄地となったみかん畑を活用したネロリラ ボタニカ、生産量・消費量が年々減少する国産米を使用したメデルがその代表。自然にも人にも優しいサステナブルな社会をつくる取り組みです。

アジアの子ども達に質の高い識字教育を

「子どもの教育が世界を変える」という信念のもと、読み書き能力の習得と教育における男女格差の是正に焦点をあて、アジア・アフリカの10カ国で活動する国際NGO団体、ルーム・トゥ・リードへの寄付を通じ、途上国での学校建設、図書館建設等を支援しています。(2013年~)

知的障がい児施設への寄付

すみれ園は男女30名の児童が生活し、近隣校に登校したり、日中活動を行ったりして過ごしています。 また、年間を通して様々な活動、行事も行っています。 一日一日の経験を大切にしながら、やさしく、ハンディに負けず、たくましい大人へと、一歩一歩笑顔で進んでいます。こちらの施設へ、継続的に商品の寄付を行っています。

環境

植林活動への寄付

リンレンの収益の一部を、特定非営利活動法人チャリティ・プラットフォームを通じ、植林活動を行う団体、認定NPO法人環境リレーションズ研究所に寄付することで環境保全に協力しています。「未来の地球を森林に!」をテーマに、より多くの人々がエコアクションに参加するきっかけとなることを目的としたPresent Treeプロジェクトで行う植林活動。植林活動には、苗木だけでなく、その後の維持管理を行うところに大きなコストがかかります。植栽費用の寄付に参加することで、森林の増加、環境保全に少しでも貢献していきたいと考えています。

災害支援

東日本大震災の支援物資を寄付

東日本大震災をうけ、被災地へママバターシリーズ19,584個を寄付いたしました。(2011.4)

東日本大震災の義援金を寄付

売上の一部(該当商品1セットあたり500円)を義援金として、特定非営利活動法人チャリティ・プラットフォームを通じて寄付いたしました。

熊本地震の支援物資を寄付

熊本地震をうけ、被災地へママバターシリーズ700個、マイハビットシリーズ158個を寄付いたしました。なお現地での状況を考慮し、阿蘇郡南阿蘇村の避難所へ、当社代表が直接お届けしました。(2016.5)

社員参加型

「Ocean’s Love」へのボランティア参加

自知的障がいを持つ子どもたちを対象にしたサーフィンスクール「Ocean’s Love」に、私たちもボランティアとして参加しています。

ペットボトルキャップを集めて社会貢献

CSR活動の一環として、ペットボトルのキャップを分別回収しています。リサイクルによるCO2削減への貢献のほか、NPO法人エコキャップ推進協会への寄付を通じて、障がい者の雇用創出や再資源化などに役立てられています。(2014年~)