MAMA BUTTER

公式通販

ぴったりな日焼止めの選び方 ぴったりな日焼止めの選び方

1

紫外線&日焼止めの基礎知識

シワ・たるみなどの光老化を招くUV-A、
シミ・ソバカスの原因になるUV-B

地表に降り注ぐ紫外線には2種類あります。
波長が長く、雲や窓ガラスを透過して肌の奥深くまで入り込み、シワ・たるみなどの光老化の原因となるのがUV-A。
一方、肌表面で炎症や乾燥・皮むけを引き起こし、赤みがひいた後に、シミ・ソバカスの原因となるのがUV-Bです。

季節や時間帯で変化する紫外線量

紫外線は1年の中では春~夏に多く、
1日の中では10時~14時の間に多く降り注ぎます。
ただし、季節によって大きく変化するUV-Bに比べて
UV-Aは変化が少なく、ケアがおろそかになりがちな
秋~冬にも影響し続け、光老化を進行させます。
また、曇りの日でも晴れの日の50〜80%もの
紫外線が降り注ぐので、1年中、毎日のケアが大切です。

1年の紫外線量の変化
1日の紫外線量の変化
SPFとは?PAとは?

SPF値 シミ・ソバカスの原因となるUV-Bを防ぐ(=肌が赤くなるのを防ぐ)効果を表す値。2~50で表記され、それ以上はSPF50+となります。

PA値 光老化の原因となるUV-Aを防ぐ(=肌が黒くなるのを防ぐ)効果を表す値。強さを+の数で表し、PA+~PA++++の4段階で表記します。

SPF値=持続時間と誤解されがちですが、SPF値とPA値は、それぞれUV-B/UV-Aの紫外線量で算出します。

ただし、日焼けしやすい人・しにくい人など個人差があるように、SPF値・PA値はあくまでも目安と捉えましょう。できるだけたっぷり塗布し、こまめに塗り直すことで、高い日焼止め効果を得ることができます。

ノンケミカルは、
紫外線吸収剤フリー(不使用)のこと

紫外線防止剤は「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2つに分けられ、その成分は多数存在します。紫外線吸収剤が不使用の場合に「ノンケミカル」と表現します。

紫外線吸収剤 肌表面で紫外線を吸収し、化学反応によって熱などの別のエネルギーに変換して紫外線の肌内部への侵入を防ぎます。
成分そのものにアレルギー反応を起こす人や、紫外線を吸収した際の化学反応によりかぶれをおこす場合があります。

紫外線散乱剤 肌表面を物理的に覆って、紫外線を反射・散乱して防ぎます。紫外線吸収剤に比べ肌への負担が少なくアレルギーを起こしにくいため、「ノンケミカル=お肌にやさしい」というイメージが浸透しています。

ママバターのUVケアアイテムは、敏感な肌の方や赤ちゃんにも安心してお使いいただけるよう、ノンケミカル(=紫外線吸収剤フリー)。天然ミネラルを紫外線散乱剤として配合しています。

2

UVケアアイテム比較

紫外線の正しい知識を身につけたら、いよいよアイテム選び。
ここでは、ママバターで人気の日焼け止めアイテムを、わかりやすく比較してご紹介します。
お子様との外遊びなどで使うなら、
さっと全身に塗り広げやすいミルクタイプ。
エアコンなどの肌乾燥が気になる方にはクリームタイプ。
またキャンプや公園など、
虫が気になるシーンには、ハーブの香りのアロマイン
がおすすめです。

UVケアアイテム比較 UVケアアイテム比較

*1 波長が340〜400nmのUV-A(紫外線A波)のこと
*2 全ての方に肌トラブル・アレルギーが起こらないということではありません

UVケアアイテム比較
UVケアアイテム比較
─ 商品ページへ ─
3

ベースメイクでUVケア

ママバターのベースメイクアイテムなら、
日焼止めとベースメイクが1ステップだから、
毎日のUVケアが自然と習慣に。
透明感ある仕上がりのCCクリームは、
化粧下地としてもおすすめ。
一方ファンデーションに近いBBクリームは、
カバー力を求める方におすすめです。

ベースメイクでUVケア ベースメイクでUVケア

*1 波長が340〜400nmのUV-A(紫外線A波)のこと
*2 ウォータープルーフとは違い、水に濡れた後は塗り直しが必要です

ベースメイクでUVケア
ベースメイクでUVケア
─ 商品ページへ ─
4

UVケア効果を高めるアイテム

単純な足し算(SPF20 + SPF30 = SPF50)には
なりませんが、アイテムを組み合わせることで、
より効果的な紫外線対策ができます。

おすすめの組み合わせ
OFF TIME
OFF TIME
CCクリーム
フェイスパウダー

素肌の美しさを引き出す仕上がり

ON TIME
ON TIME
BBクリーム
フェイスパウダー

ナチュラルでも、
気になる箇所は
しっかりカバー

春から夏の汗ばむ季節は、
どうしてもベースメイクが崩れがち。
CCクリーム/BBクリームに
フェイスパウダーを重ねて仕上げれば、
化粧崩れを防ぎながらUVケア効果もUP。
パウダーなら日中のリタッチもしやすく、
外出先でもこまめにUVケアできます。

UVケア効果を高めるアイテム
UVケア効果を高めるアイテム
UVケア効果を高めるアイテム
─ 商品ページへ ─