SCALP MASSAGE 頭皮ケア

健康な髪は健康な頭皮から 髪も植物と同様 土壌づくりが大切 美しい髪を育む頭皮のセルフケア

基本のデイリーケア how to

ヘッドマッサージ how to

how to 基本のデイリーケア

自己流になりがちな、基本のシャンプー・トリートメント・ブロー。
毎日のことだからこそ大切に。
正しいデイリーケアの積み重ねで、健やかな頭皮と髪へ。

1ブラッシングからスタート

髪を濡らす前に、まずはブラッシングで頭皮と髪の汚れを浮かします。頭皮全体の血行を良くするイメージで、老廃物がたまりやすい生え際から頭頂部へ向かってブラッシング。

Tips
コーム(くし)ではなく、ブラシ面が大きいパドルブラシがおすすめです。

2ぬるま湯のプレシャンプーが大切

外気の汚れはお湯で約80%が落ちると言われます。髪表面だけでなく、髪を指でかき分けるように、内側や頭皮までしっかりと水を行き渡らせて。頭皮と髪がしっかり濡れていると、シャンプーが少量でよく泡立ち、摩擦による髪のダメージも防ぎます。

Tips
熱すぎるお湯はキューティクルを傷つけてしまうからNG。38℃くらいのぬるま湯で。

3シャンプーは
頭皮をマッサージするように

手のひらでよく泡立てたシャンプーを頭皮になじませるイメージでスタート。ブラッシング同様に、生え際から頭頂部に向かって、指の腹で頭皮をマッサージするように洗い上げます。全体に泡が行き渡ったら、2-3分そのまま放置して泡パック。シャンプーの美容成分を髪に浸透させてから、しっかりとすすぎます。

Tips
老廃物のたまりやすい生え際、体臭の発生源となる耳の後ろや、忘れがちな襟足もしっかりと。

4トリートメントは毛先を中心に

髪の水気をきり、トリートメントをつけていきます。毛先の方からつけて、そのあと髪全体になじませます。トリートメントの美容成分を髪に浸透させるため、そのまま2-3分おいてから流してください。

Tips
ダメージが気になる髪には、蒸しタオルで包んで数分おけば、さらに浸透が高まります。

5乾かすまでがトリートメント

まずはしっかりとタオルドライ。そのあとドライヤーで根元から乾かしていきます。菌や臭いの元になりやすい頭皮をしっかり乾かしたら、手ぐしで髪全体をブローしていきます。キューティクルの鱗を閉じていくイメージで、ドライヤーの風は根元から毛先に向けてあててください。全体がしっかり乾いたら、最後に冷風を忘れずに。艶がキープできます。

Tips
頭皮のかゆみや薄毛には「リンレン スカルプエッセンス ミント&レモン」を。髪に潤いが欲しい方は「リンレン ヘアエッセンスミルク ローズ&ツバキ」を、ドライヤー前に塗布しましょう。

how to ヘッドマッサージ

滞りやすい頭部へのマッサージで、白髪や抜け毛の原因となる血行不良を改善。
普段意識することの少ない頭部の状態を確かめながら、
ゆっくりとほぐしていきます。

1耳のマッサージでリラックスモードへ

耳をつまみ、上・横・下にひっぱり伸ばします。次に、耳を中指と薬指で挟むように、耳の周りの皮膚にしっかりと指の腹をあて、ぐるぐると回してほぐしながら、リラックスモードへ切り替えていきます。

Tips
肩の力を抜いて、呼吸が止まらないように、ゆったりした気持ちで。

2側頭部をほぐします

親指以外の4本の指の腹をしっかり頭皮にあて、くるくると頭皮を動かしてほぐします。耳の上から頭頂部に向けてA→B→Cと少しずつずらしながら3往復を目安に。側頭部がほぐれると、顔のリフトアップも期待できます。

Tips
頭皮が濡れていて、摩擦が防げる状態で行うのがおすすめです。

3前頭部と後頭部をほぐします

②と同様に、おでこ生え際から頭頂へ、そして襟足から頭頂へと、それぞれ3往復を目安にほぐします。特にこりやすい生え際や、痛みを感じるところは丁寧に行いましょう。

Tips
日中活発に働く前頭葉エリアをほぐすと、思考をリセットして、上質な眠りへ誘導してくれます。

4ツボをゆっくりと刺激します

顔の中心ラインと、黒目の上2ラインに沿って、指の腹でゆっくりとプッシュします。ツボの集まるこのライン上をプッシュしていけば、ツボの位置が曖昧でも自然と刺激できます。

Tips
万能のツボと呼ばれる「百会(ひゃくえ)」は抜け毛や白髪にもよいとされています。

5最後に、襟足のツボを押して終了

襟足の生え際沿いにもツボが点在しています。両手で後頭部を包み込むようにして、親指でプッシュ。気持ち良いと感じたところで顎を少し上げ、頭の重みをかけて、ゆっくりじんわりと刺激しましょう。親指が難しい場合は、やりやすい指でも大丈夫。

Tips
頸椎付近のツボ「天柱」「風池」は、頭皮の血流を促進してくれるほか、首・肩コリや眼精疲労にも効果的です。